給料5万円。って最低賃金さえ満たしてないんじゃないの?

ドラマ「おせん」は、老舗料亭『一升庵』を舞台に旅館の跡取りで修行を兼ねた奉公のため大学卒業後、一升庵で働くこととなった青年と、そこで寝食を共にしながら超一流の味ともてなしを提供する従業員、普段は天然の飲兵衛姉さんだが天才的な美的感覚で料理から書・陶芸までもこなす女将の『おせん』こと半田仙が中心となって繰り広げるグルメ人情ドラマ漫画である。
都心のきらびやかなレストランで働いていた江崎ヨシ夫は、派手なパフォーマンスがウリの今の仕事に疑問を感じていた。そして、「自分が働くべきところは」と選んだのは東京の下町にある『一升庵』という老舗料亭である。ところが、「一升庵の女将」と名乗る女性は二日酔いで酒の臭いをぷんぷん漂わせている若い女性だった。江崎は、半田仙が今の一升庵の女将と知り、「雇って損はさせない」からと頼み込み働くことを許された。そこには、先代の時から働いている仲居頭・浅井シズ。板長・藤城清二、二番板・竹田留吉、雑用係・長谷川健太、仲居の一人・脇坂玉子などがいた。
江崎は、給料5万円で納得がいかず、途中で辞めてしまうがまた、戻ってくるのであった。

pj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>