給料5万円。って最低賃金さえ満たしてないんじゃないの?

ドラマ「おせん」は、老舗料亭『一升庵』を舞台に旅館の跡取りで修行を兼ねた奉公のため大学卒業後、一升庵で働くこととなった青年と、そこで寝食を共にしながら超一流の味ともてなしを提供する従業員、普段は天然の飲兵衛姉さんだが天才的な美的感覚で料理から書・陶芸までもこなす女将の『おせん』こと半田仙が中心となって繰り広げるグルメ人情ドラマ漫画である。
都心のきらびやかなレストランで働いていた江崎ヨシ夫は、派手なパフォーマンスがウリの今の仕事に疑問を感じていた。そして、「自分が働くべきところは」と選んだのは東京の下町にある『一升庵』という老舗料亭である。ところが、「一升庵の女将」と名乗る女性は二日酔いで酒の臭いをぷんぷん漂わせている若い女性だった。江崎は、半田仙が今の一升庵の女将と知り、「雇って損はさせない」からと頼み込み働くことを許された。そこには、先代の時から働いている仲居頭・浅井シズ。板長・藤城清二、二番板・竹田留吉、雑用係・長谷川健太、仲居の一人・脇坂玉子などがいた。
江崎は、給料5万円で納得がいかず、途中で辞めてしまうがまた、戻ってくるのであった。

Read More

どっちが正解?光脱毛VSブラジリアンワックス

VIO脱毛と聞いて多くの人が思い浮かべるのは大手サロンでの契約を済ませたのちの脱毛ではないだろうか。たった今VIO脱毛を検討中の方も、大手サロンの口コミをまずはチェックするであろう。
大手サロンでは光脱毛という技術を取り入れている場合がほとんどである。冷たいジェルを塗られ、その上から機械を当て、ピッピッピという音とともに光で毛根を焼く(というような説明を受けた。)のである。

一度体験した身からすると、痛いのなんの。何でも、肌の黒い色素に反応して毛根を焼いていく仕組みらしいが、VIOというのはいかんせん黒ずみがちな部分であるので、機械がめちゃくちゃに反応してくれる。ピピッという音と共に輪ゴムで皮膚をはじかれるような痛みを100倍ほど強くしたような痛みがひたすらに続く。あまりに痛いのでじっとしていられない。毛根を焼かれる度にビクっと体全体が震えてしまう。まるで、実験で電流を流されるカエルさながらである。そんな私を見て施術者のお姉さんは笑っている。恐ろしい場所である。
効果のほどは、まあまあ。一気にツルツル!とはいかないが、1週間後にごそっと毛が抜け、1ヵ月ほど経ってもほぼ毛はない状態。

光脱毛でのVIO脱毛体験は、ブラジリアンワックスというものをしたこともある。
ブラジリアンワックスとは、脱毛したい部分に脱毛専用のワックスが塗られたシートを貼りつけ、毛の流れと逆方向に一気に剥がすというものである。つまり毛を毟る行為である。こちらも、めちゃくちゃに痛い。そのため、まずじっとしていられず、痛みに反応してまたもやカエル状態である。こちらでも施術者のお姉さんは笑っていた。Sっ気がないと出来ない仕事なのかもしれない。
こちらは大手サロンではなく、個人で経営されているマンションの一室のような場所で施術を受けた。ブラジリアンワックスのサロンは個人経営が多いように感じる。
効果のほどは、こちらは即!ツルツル。しかも、残したい毛は残しておいてくれるので安心。
ただ、永久脱毛ではないので、1ヵ月もすると、ほぼ元通りである。

このように一長一短な大手サロンでのVIO脱毛と、ブラジリアンワックスでのVIO脱毛。
用途に応じて使い分けるのが賢い選択かもしれない。自分ではどうしても脱毛しづらい箇所なので、プロにお任せするのがやはり安心。脱毛後は衛生的に過ごせるというメリットも大きなものである。
ただ、いずれにせよ非常な痛みが付きまとうことはお忘れなく…。

難波 脱毛

Read More

良いです

妹と一緒にワキの脱毛で去年から通っています。
初めにお店に行って説明をしてくれた人が、ものすごく馴れ馴れしくて、「友達どうしなん?」
「へ~姉妹なんや~」「終わったらどっか遊びにいくん?」「脱毛は初めて?」といきなりタメ口。
「まともな接客を出来る人に代わって欲しい」と何度も言いかけたのですがこれから通うわけだし通いにくくなるのも嫌なので我慢しました。

高級店のようなパーフェクトな接客を望んでるわけではなく、最低限の接客をしてほしいと思いました。妹も嫌な気分になったと言っていました。
たまたま私が通ってるお店のその従業員が合わないだけで、他の従業員は丁寧だし店舗によっても違うと思います。
行きたい日の予約がとれなかったので、別の店舗で予約をとり1度だけ別の店舗にも行きましたがそちらの従業員は丁寧で客の立場にたって接客してくれたので良かったです。
ただ自宅から遠いのでそちらに通うことはできないのが残念です。

新潟 脱毛

 

Read More